#ジェネリックED治療薬の種類、先発薬との費用の違い

先発薬と後発医薬品って何が違うの?

ED治療薬には、先発薬とジェネリック医薬品(後発医薬品)の2つの種類があります。
先発薬とは、医薬品の中でも最初に開発・発売されたものを指します。先発薬では医薬品そのものに特許権が与えられるため、特許権が失効するまでの間(20~25年間)、独占的に製造や販売を行うことができます。

それに対し、先発薬の特許権が失効した後に、同一成分・同じ効果を持つ医薬品として開発されたものを、ジェネリック医薬品と言います。ジェネリック医薬品は先発薬に比べて研究期間・研究費などが費やされていないため、全体的に価格が安い傾向が見られます。

先発薬とジェネリック医薬品の違いは、価格面だけではありません。
主成分は基本的に同じですが、全ての成分量が同じわけではないという点に注意する必要があります。

例えば、ジェネリック医薬品に含まれている添加剤が、先発薬と異なっているといったケースは珍しくありません。

ED治療薬の主な先発薬としては、バイアグラ・シアリス・レビトラを挙げることができます。
また、主なジェネリック医薬品としては、カマグラやタダリスなどがあります。ED治療薬のジェネリック医薬品については、日本では未承認とされている医薬品も含まれているため、購入するには個人輸入が必要になるケースが見られます。

ED治療薬にも複数の先発薬・ジェネリック医薬品が存在しているため、自分にぴったりの医薬品を選びたい方は、各医薬品の特徴をしっかりと掴んでおく必要があるでしょう。

バイアグラと後発医薬品の比較

カマグラは、バイアグラのジェネリック医薬品として知られているED治療薬です。
100mgの製品(4錠)の価格を比較すると、カマグラは2,000円前後の価格に設定されているケースが多くなっていますが、バイアグラは6,000円~7,000円に設定されています。

また、バイアグラには「シルデナフィル」と呼ばれているジェネリック医薬品も存在しています。シルデナフィルは50mgの容量で1,000円前後の価格で販売されているため、こちらもバイアグラと比較すると価格が安いことが分かります。

ほかにもバイアグラには、シラグラ・アグラなどのジェネリック医薬品があります。これらの医薬品についても、1錠の価格はおよそ300円前後に設定されているケースが多く、バイアグラ(1錠1,500円前後)よりも安い傾向にあります。

シアリスと後発医薬品の比較

ED治療薬の先発薬であるシアリスは、20mgの容量(4錠)で8,000円前後の価格で販売されているケースが多く見られます。それに対し、シアリスのジェネリック医薬品にあたるタダリスは、2,000円前後の価格で販売されています。

シアリスの主なジェネリック医薬品としては、ほかにも「メガリス」や「タダシップ」などを挙げることができます。20mgのメガリスの価格は3,500円前後、タダシップは3,000円前後の価格で販売されていることがほとんどです。

このように、先発薬と比較するとジェネリック医薬品は全体的に価格が安く、1錠の価格では1,000円以上の差が見られることも珍しくありません。そのため、EDに悩まされており、ED治療薬の定期的な服用を望んでいる方は、ジェネリック医薬品に注目するといった傾向が見られます。

ただし、必ずしもジェネリック医薬品により大きなメリットがあるというわけではなく、「先発薬」の方が安心して服用できるといった声も聞かれます。また、ジェネリック医薬品は個人輸入によって購入することになるため、偽善薬を購入してしまうといったトラブルにも巻き込まれやすくなります。

したがって、ED治療薬のジェネリック医薬品の使用を考えている方は、各医薬品の特徴をしっかりと把握し、利用する業者・インターネットサイトなどに注意する必要があるでしょう。

ページトップへ戻る